コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投(げ)金/投げ銀 ナゲガネ

デジタル大辞泉の解説

なげ‐がね【投(げ)金/投げ銀】

江戸初期、博多・長崎などの豪商が、船舶や積み荷を担保に、朱印船主やポルトガル人・中国人に貸し付けた金。高利を得る反面、危険を伴う投資であった。
遊興に金銭を注ぎ込むこと。また、その金銭。
「武蔵野から―して、一目も見ぬ女郎をかいつかみ」〈浮・敗毒散・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android