コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投(げ)金/投げ銀 ナゲガネ

1件 の用語解説(投(げ)金/投げ銀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なげ‐がね【投(げ)金/投げ銀】

江戸初期、博多・長崎などの豪商が、船舶や積み荷を担保に、朱印船主やポルトガル人・中国人に貸し付けた金。高利を得る反面、危険を伴う投資であった。
遊興に金銭を注ぎ込むこと。また、その金銭。
武蔵野から―して、一目も見ぬ女郎をかいつかみ」〈浮・敗毒散・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投(げ)金/投げ銀の関連キーワード津田宗凡天王寺屋投銀豪商古薩摩伯庵連飛び熊谷五右衛門(4代)天王寺屋道叱中野彦兵衛

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone