折原脩三(読み)おりはら しゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

折原脩三 おりはら-しゅうぞう

1918-1991 昭和後期-平成時代の評論家。
大正7年11月4日生まれ。横浜正金銀行につとめながら,小説「愛不在」,評論「倉田百三の愛と認識」などを発表。昭和48年退職後は思想の科学研究会会長をつとめた。平成3年2月28日死去。72歳。千葉県出身。東京商大(現一橋大)卒。本名は伊東庫之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android