コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折檻死 せっかんし death from chastisement

1件 の用語解説(折檻死の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せっかんし【折檻死 death from chastisement】

保護者ら(両親,その他の乳幼児の世話をする人)によって乳幼児が折檻・虐待されて死亡することをいう。近年,欧米のみならず日本においても,折檻あるいは無責任な放置により傷害・死亡する例が増加しており,医学的ならびに社会的な問題となっている。被害児(被虐待児battered child)のうち折檻死に至るものの平均年齢は4歳以下であって,とりわけ2歳以下の乳幼児が最も多い。加害者については実母(とくに20歳代)が最も多く,次いで実父,継母,継父の順である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

折檻死の関連キーワード介添え世話を焼く乳幼児牧童保護者世話焼乳幼児死亡率乳幼児身体発育調査乳幼児医療費助成制度県内の乳幼児医療助成制度

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone