コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折(り)記号 オリキゴウ

デジタル大辞泉の解説

おり‐きごう〔をりキガウ〕【折(り)記号】

製本で、まちがえずに丁合いするために、折り丁の背に当たる部分に印刷しておく記号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

折記号

製本で,折丁順番にそろえるときに,その順番がすぐにわかるように,折丁ごとに印刷された連続記号(番号).ヨーロッパでは,各折丁の最初の(ときにはもっと後の)ページの,版面の外側下部右隅にアルファベットなどで順番を表示する習慣があった.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

折(り)記号の関連キーワード丁合製本

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android