コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折(り)記号 オリキゴウ

2件 の用語解説(折(り)記号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おり‐きごう〔をりキガウ〕【折(り)記号】

製本で、まちがえずに丁合いするために、折り丁の背に当たる部分に印刷しておく記号。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

折記号

製本で,折丁を順番にそろえるときに,その順番がすぐにわかるように,折丁ごとに印刷された連続記号(番号).ヨーロッパでは,各折丁の最初の(ときにはもっと後の)ページの,版面の外側下部右隅にアルファベットなどで順番を表示する習慣があった.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone