コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜き手 ぬきて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抜き手
ぬきて

水をかいた腕を前方に返す際に,水面上に抜き出す泳法。泳ぎ方は,(1) 平体で両腕を交互に抜くもの,(2) 横体で上方の片腕だけを抜くもの,(3) 平体で両腕を同時に抜くものに大別される。 (1) は最も種類が多く,左右の扇足 (あおりあし) を用いる水府流の大抜き手,小堀流の早抜き手,水任流の肘泳ぎ,蛙足 (かえるあし) を用いる能島流の抜き手一つ掻,二つ掻,観海流の抜き手一つ拍子,三つ拍子など,(2) には水府流の片抜き手,片抜き手二重熨斗 (熨斗〈のし〉は横泳ぎのこと) ,水府流太田派の抜き手熨斗,片抜き手一重熨斗,二重熨斗など,(3) には向井流の諸抜き手 (もろぬきて) ,水府流,小池流の両抜き手 (もろぬきて) ,神伝流の両手抜き,岩倉流の鯔飛 (いなとび) などがある。 (→日本泳法 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

抜き手の関連キーワード抜き手を切る抜き出・抜出抜き手・抜手煽り足抜手

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抜き手の関連情報