抜苦与楽(読み)ばっくよらく

四字熟語を知る辞典「抜苦与楽」の解説

抜苦与楽

衆生のしみを取り除いて楽を与えること。教で慈悲のはたらきをいうことば。

[活用] ―する。

[使用例] 他方では無条件の「抜苦与楽」という思想が、片田舎の路傍などに無数の観音像となってあらわれ[亀井勝一郎*私の美術遍歴|1956]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「抜苦与楽」の解説

ばっく‐よらく【抜苦与楽】

仏語。仏・菩薩(ぼさつ)が人々の苦を取り除いて楽を与える慈悲の働き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「抜苦与楽」の解説

ばっく‐よらく【抜苦与楽】

〘名〙 仏語。衆生の苦を取り除いて楽を与えること。慈悲のはたらきをいう。〔秘蔵宝鑰(830頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「抜苦与楽」の解説

抜苦与楽
ばっくよらく

仏陀や修行者が,その慈悲心によって,生きとし生けるものの苦を除き,彼らに楽を与えること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android