コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井勝一郎 かめい かついちろう

8件 の用語解説(亀井勝一郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

亀井勝一郎

文芸評論家。北海道函館生。東大美学科中退。旧制山形高校時代にマルクス主義に触れ、労働運動などに奔走するが、のち文芸評論家として再出発。『プロレタリア文学』『現実』などに論文を発表、また『日本浪漫派』を創刊。以後日本の伝統の中に自己と民族の再生の道を求め、古典・仏教美術に深い関心を寄せた。著に『大和古寺風物誌』『日本人の精神史研究』など。読売文学賞芸術院賞菊池寛賞受賞。芸術院会員。昭和41年(1966)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かめい‐かついちろう〔かめゐかつイチラウ〕【亀井勝一郎】

[1907~1966]評論家。北海道の生まれ。初め、プロレタリア文学の理論家として活躍、のち、転向して日本浪曼派に属し、仏教思想・日本古典に傾倒、文明批評で活躍した。著「大和古寺風物誌」「わが精神の遍歴」「現代人の研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

亀井勝一郎【かめいかついちろう】

評論家。函館生れ。東大美学中退。1926年,中野重治らを知り〈新人会〉入会,1928年に検挙投獄されるが,出獄後プロレタリア文学運動の論客として活躍を始める。しかし1935年保田与重郎らと《日本浪曼派》を創刊,また《文学界》同人となるなど思想的遍歴を続ける。
→関連項目遠山茂樹保田与重郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井勝一郎 かめい-かついちろう

1907-1966 昭和時代の評論家。
明治40年2月6日生まれ。新人会に参加したが,昭和3年三・一五事件直後に検挙され,獄中転向。10年保田(やすだ)与重郎らと「日本浪曼派」を創刊,ついで「文学界」同人となる。古典や仏教美術に関心をふかめ,「大和古寺風物誌」などをかく。戦後は「日本人の精神史研究」をライフワークとした。41年芸術院会員。昭和41年11月14日死去。59歳。北海道出身。東京帝大中退。
【格言など】無常の観念は,人間の生の驚くべき不安定に対する開眼より生ずる(「信仰について」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かめいかついちろう【亀井勝一郎】

1907‐66(明治40‐昭和41)
評論家。北海道生れ。当時,父喜一郎は函館貯蓄銀行支配人であった。1923年旧制山形高に入学,ドイツ語を通してゲーテハイネの作品に親しみ,また,共産主義思想に関心を寄せる。26年東大に入学,中野重治らを知り新人会会員,共産青年同盟員として活躍,28年検挙投獄される。2年後出獄,日本プロレタリア作家同盟(ナルプ)に所属して評論家として再出発するが,同盟解散後,同人雑誌《現実》をへて,35年保田与重郎らと《日本浪曼(ろうまん)派》を創刊,転向以後の自我再生の道を模索する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かめいかついちろう【亀井勝一郎】

1907~1966) 評論家。函館生まれ。東大中退。日本の伝統や美意識を幅広く追究。著「転形期の文学」「大和古寺風物誌」「我が精神の遍歴」「日本人の精神史研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀井勝一郎
かめいかついちろう

[生]1907.2.6. 函館
[没]1966.11.14. 東京
評論家。東京大学美学科を中退した 1928年に共産青年同盟員だったため投獄され,転向しての保釈 (1930) 後もプロレタリア作家同盟に参加。同盟解散後の左翼運動退潮期に自己内面の真実を問う処女評論集『転形期の文学』 (34) で頭角を現すとともに唯物的思潮と決別した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀井勝一郎
かめいかついちろう
(1907―1966)

評論家。明治40年2月6日、北海道函館(はこだて)市生まれ。東京帝国大学美学科入学後すぐマルクス主義芸術研究会に入り、新人会会員となって労働運動に参加し、1928年(昭和3)大学を自主的に退学。三・一五事件のあと治安維持法違反で検挙され、30年獄中で発病し、転向して出所。32年プロレタリア作家同盟に加わって評論家として活躍。第一評論集『転形期の文学』(1934)刊行後は左翼文学から退き、保田与重郎(やすだよじゅうろう)らと『日本浪曼(ろうまん)派』(1935)を創刊し、日本の古美術、古典、仏教などに関心を深め、『大和(やまと)古寺風物誌』(1943)にまとめた。『文学界』同人としても活躍し、河上徹太郎と「近代の超克」座談会を企画した。
 第二次世界大戦後は『我が精神の遍歴』(1948)をはじめとして、自己を通して日本人の精神史を探る仕事に着手し、社会的には日中国交回復にも尽力した。未完に終わった『日本人の精神史研究』(1959~66)がライフワーク。1965年(昭和40)芸術院会員となる。昭和41年11月14日没。[神谷忠孝]
『『亀井勝一郎全集』21巻・補巻3(1971~75・講談社) ▽武田友寿著『遍歴の求道者亀井勝一郎』(1978・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀井勝一郎の関連キーワード評論家大井広介伊藤至郎江藤文夫大浜英子坂西志保高山毅樋口恵子古谷綱武吉村貞司

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀井勝一郎の関連情報