コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵当保険 ていとうほけんHypothekenversicherung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抵当保険
ていとうほけん
Hypothekenversicherung

抵当権の目的となっている物の滅失毀損により,抵当権者が受ける損害の填補を目的として,抵当権者みずから自己のために締結する損害保険。たとえば,抵当権が設定されている家屋が焼けると,抵当権者は貸金の返還を受けられないおそれがある。この場合家屋に火災保険がついていれば一応,その保険金によって弁済される可能性はあるが,債務者が任意に支払いをしないおそれもあるので,債権者みずからが被担保債権の弁済受領可能性の減少にそなえてあらかじめ保険をつけておく実益がある。これは一種の信用保険で現在は債権保全火災保険契約として行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ていとうほけん【抵当保険】

担保物の滅失・毀損などにより抵当権者が受ける損害を塡補てんぽするための損害保険。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抵当保険の関連キーワード担保物

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android