コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)型/押(し)形 オシガタ

デジタル大辞泉の解説

おし‐がた【押(し)型/押(し)形】

器物などの表面に型で押しつけた模様。
(押し型)材料に押し当てて器物を成形する器具。
版木の上に紙を当て、上から蝋墨(ろうずみ)でこすって、版木に彫刻された絵模様を写すこと。また、その絵模様。
刀剣の上に和紙を押し当てて、墨で形や茎(なかご)の名を刷りとり、刃文などを描き込んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

押(し)型/押(し)形の関連キーワードジーメンス(Friedrich Siemens)テーラ・シギラタアレタイン陶器不動ガ岩屋洞窟上黒岩岩陰遺跡小瀬ヶ沢洞穴北白川遺跡群泉福寺洞穴寺師 見国岩井堂洞窟ひじ山遺跡温根沼遺跡押型文土器東釧路貝塚高山寺貝塚早水台遺跡稲荷台遺跡出水貝塚石山貝塚直坂遺跡

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android