担担麺(読み)タンタンメン

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

タンタンメン【担担麺】

中国料理(四川料理)の一つ。日本で知られているものは、ごま風味の辛いスープにゆでた中華麺を入れ、甜麺醤(テンメンジャン)で味つけした豚ひき肉などをのせたもの。四川出身の料理人・珍建民が日本人向けにアレンジしたものが広まったとされる。元来は汁そばではなく、ラー油・花椒(中国料理で用いられるさんしょう)・芝麻醤(チーマージャン)・しょうゆ・ねぎなどで作ったたれをかけ、甜麺醤で味つけした豚ひき肉などをのせ、混ぜて食べる麺料理。◇昔、天秤棒で担いで売り歩いたことからこの名があるとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

担担麺の関連情報