担担麺(読み)タンタンメン

デジタル大辞泉の解説

《「天秤棒(てんびんぼう)で担いで売り歩いた」の中国四川料理の一。ゆでた小麦麺に、醤油・ラー油などのたれと花椒・肉そぼろなどをかけたもの。日本では、すりごまを多く用いたスープ中華蕎麦を入れたものが一般的。
[補説]日本では、中国風のものを汁無し担担麺と呼ぶことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

中国料理(四川料理)の一つ。日本で知られているものは、ごま風味の辛いスープにゆでた中華麺を入れ、甜麺醤(テンメンジャン)で味つけした豚ひき肉などをのせたもの。四川出身の料理人・珍建民が日本人向けにアレンジしたものが広まったとされる。元来はそばではなく、ラー油・花椒(中国料理で用いられるさんしょう)・芝麻醤(チーマージャン)しょうゆ・ねぎなどで作ったたれをかけ、甜麺醤で味つけした豚ひき肉などをのせ、混ぜて食べる麺料理。◇昔、天秤棒で担いで売り歩いたことからこの名があるとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

担担麺の関連情報