コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中華蕎麦 チュウカソバ

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかそば【中華蕎麦】

中国風のめん類,めん料理の日本での呼称。めんとは,日本のうどん朝鮮半島の冷麵や,イタリアパスタ類のように小麦粉を原料としてつくる細長い線状の食品を指すことが多い。中国の粉食を大別すると,米粉を原料にしたと小麦粉を原料とするがある。餌の歴史は古く周代に見られるが,餅はそれより新しく,めんが製法とともに見られるのは6世紀の《斉民要術》が最初である。めんが細長いものであることを示すのは唐代になってからで,子どもが生まれたときに長寿を祈ってめんを食べる習慣が出てきてからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうかそば【中華蕎麦】

中国風のそばの総称。特に、ラーメンのこと。シナそば。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中華蕎麦の関連キーワード支那蕎麦総称蕎麦

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android