天秤棒(読み)てんびんぼう

日本大百科全書(ニッポニカ)「天秤棒」の解説

天秤棒
てんびんぼう

人力による運搬法のうちの肩担い運搬に用いる担い棒の一種。棒の両端にほぼ同重量の荷物を吊(つ)り下げ、中央部を肩で担う方式を天秤担いといい、これに使う棒が天秤棒である。使用には体でバランスをとる必要があるため、平坦(へいたん)地での使用が多い。天秤棒、天秤という呼び方は全国的であるが、西日本ではオオコとよぶ所も多い。オク、サス、六尺(ろくしゃく)、カタネボウ、ツクボウなどの呼称もある。おもに男性用の運搬具。長さはだいたい1.8メートル以内で、棒を扁平に削り、弾性をもたせてある。両端近くにツクという突起をつけて滑り止めにしたり、吊り手の鉤(かぎ)をつけたのもある。伊豆の新島(にいじま)や式根島には反(そ)り天秤とよび、頭上運搬用の天秤棒(女性用)もある。

[小川直之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「天秤棒」の解説

てんびん‐ぼう【天秤棒】

〘名〙 両端に荷を掛けて、中央に肩をあて、かつぎ運ぶのに用いる棒。てんびん。おうご。〔書言字考節用集(1717)〕
※洒落本・彙軌本紀(1784)自跋「天びん棒(ボウ)上へそりたるの定矩にあわず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android