コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拍案驚奇(読み)はくあんきょうき(英語表記)Pai-an-jing-qi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拍案驚奇
はくあんきょうき
Pai-an-jing-qi

中国,明末の口語短編小説集。凌濛初 (りょうもうしょ) の編著。 40巻。崇禎1 (1628) 年成立。宋代の盛り場で流行した講釈の種本である話本 (わほん) の形式をふんで創作されたいわゆる「擬話本」の短編小説 40編を収めたもの。書名は「案 (つくえ) を拍 (たた) いて奇に驚く」の意。同じく凌濛初の編著に成る『二刻拍案驚奇』 (32) とともに「二拍」,また同時代の馮夢龍 (ふうむりょう) の『喩世明言』『警世通言』『醒世恒言』 (総称「三言」) とともに「三言二拍」と並称されることが多い。「三言」が馮夢龍の蔵書を主としたのに対し,本書は凌濛初の創作が多いと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android