拘攣(読み)コウレン

  • 拘×攣

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 拘束されること。束縛されること。
※藤樹文集(1648頃)二「超脱世情之拘攣」 〔揚雄‐太玄賦〕
② 筋などのひきつること。痙攣(けいれん)
※形影夜話(1810)上「彼輩常に拘攣々々と指すものあり。〈略〉直筋と称する大筋なり」
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉燈籠、わが生涯の一転機「拘攣せる五指の間に牢く拳銃を攫みたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android