拘攣(読み)コウレン

  • 拘×攣

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 拘束されること。束縛されること。
※藤樹文集(1648頃)二「超脱世情之拘攣」 〔揚雄‐太玄賦〕
② 筋などのひきつること。痙攣(けいれん)
※形影夜話(1810)上「彼輩常に拘攣々々と指すものあり。〈略〉直筋と称する大筋なり」
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉燈籠、わが生涯の一転機「拘攣せる五指の間に牢く拳銃を攫みたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android