拘束運動(読み)こうそくうんどう(英語表記)constrained motion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拘束運動
こうそくうんどう
constrained motion

束縛運動ともいう。皿の中のビー玉の運動や単振り子のおもりの運動のように,物体が他の物体から受ける力または他の条件によって,特定の曲面や曲線上に拘束されて行う運動。物体を拘束するために拘束面または拘束線が物体に及ぼす力を拘束力束縛力または抗力といい,その接線方向の分力摩擦力,法線方向の分力を垂直抗力という。拘束力が拘束面に垂直で摩擦力がないとき,拘束はなめらかであるという。たとえば単振り子は,拘束力として働く糸の張力が運動経路の円周に垂直であるから,なめらかな拘束運動を行う。拘束運動を論じるには,運動方程式を拘束面または線の接平面または接線方向と法線方向とに分解するのが便利である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拘束運動の関連情報