コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招提 ショウダイ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐だい〔セウ‐〕【招提】

《〈梵〉caturdiśaの音写「招闘奢」の略。四方の意》仏教で、寺院。道場。
「五山第二の―なれば」〈太平記・四〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうだい【招提】

caturdiśa の音訳から生じた語。元来は四方の意〕
寺院。 「五山第二の-なれば/太平記 40

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

招提の関連キーワード奈良県奈良市五条町西の京(奈良県)唐大和上東征伝奈良県奈良市チャイティヤ会昌の廃仏勝間田の池東征伝絵巻大威徳明王奈良(県)南都七大寺二十五大寺唐招提寺入母屋造東征絵伝心霊牛道十五大寺校倉造奈良版寄棟造

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android