コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拝する ハイスル

デジタル大辞泉の解説

はい・する【拝する】

[動サ変][文]はい・す[サ変]
頭を垂れて礼をする。おがむ。「初日を―・する」
見る」の謙譲語。お見受けする。「御健康と―・せられる」
受ける」の謙譲語。ありがたくお受けする。拝受する。「大命を―・する」
拝舞をする。
「下(お)り走りて、やがて―・するを見れば」〈かげろふ・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はいする【拝する】

( 動サ変 ) [文] サ変 はい・す
頭を深くたれて敬礼する。おがむ。 「ご本尊を-・する」
「受ける」「見る」などの謙譲語。
つつしんで受ける。 「勅命を-・する」
つつしんで見る。拝見する。 「尊顔を-・する」
拝舞する。 「おりて、-・し申させ給ふ/大鏡 師尹
[慣用] 後塵こうじんを-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拝するの関連キーワードナクシュ・イ・ロスタム川上(村)(奈良県)ボカ・ジュニアーズ善光寺(長野市)鳥居峠(長野)南無帰命頂礼岩窟の聖母風下に立つ八十島詣で象徴崇拝観音巡り山岳信仰三塔巡礼百社参り黄道周院拝礼御百度普陀山御手洗跣参り

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拝するの関連情報