コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受ける/請ける/享ける/承ける ウケル

デジタル大辞泉の解説

う・ける【受ける/請ける/享ける/承ける】

[動カ下一][文]う・く[カ下二]
自分の方に向かってくるものを、支え止めたり、取って収めたりする。受け止める。受け取る。「ミットでボールを―・ける」「雨水を桶(おけ)に―・ける」
差し出されたものを自分の方に取り入れる。手に収め入れる。もらう。「杯を―・ける」「賞を―・ける」「援助を―・ける」
(享ける)他から与えられる。身に授かる。また、系統・血筋などを引く。「この世に生を―・けてこの方」「母方の血を―・けて文才がある」「寵愛を―・ける」
(承ける)あとを継ぐ。受け継ぐ。「先代の跡を―・ける」「前任者の意を―・けて企画を発展させる」
自分に向けられた行為・働きかけに対処して応じる。引き受ける。受け入れる。「挑戦を―・けて立つ」「注文を―・ける」「真(ま)に―・けてはいけない」「調査結果を―・けて是正する」「多発する事故を―・けて対策を講じる」
他からの働き・作用が身に加えられる。
㋐こうむる。「被害を―・ける」「嫌疑を―・ける」「ショックを―・ける」
㋑それに身をさらす。「頰に風を―・ける」「西日をまともに―・ける」
ある方角に面している。「南を―・けた明るい部屋」
代金を払って取り戻す。「質ぐさの時計を―・ける」
文法で、文中において、ある語句が他の語句から文法的な働きをこうむる。修飾される。「係助詞『ぞ』を―・けて文末が連体形になる」
10 人気・好評を得る。「大衆に―・けた音楽」
11 俗に、おもしろく感じられる。笑える。「この漫画で、自分が特に―・た場面はこれだ」
[下接句]意を受ける・血を受ける・真(ま)に受ける神は非礼を受けず天の与うるを取らざれば反(かえ)って其の咎(とが)めを受く・人身(にんじん)を受く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

受ける/請ける/享ける/承けるの関連キーワードOpen Book Examination踏んだり蹴ったり被験者・被検者ヨブのことば手形受取人煽りを食う側杖を食う教育の義務世話になる閻浮果報三宝加持自業自得美的印象手触り受容器混合株支配下三時業受験生仏罰

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android