コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡散理論 かくさんりろん

1件 の用語解説(拡散理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拡散理論
かくさんりろん

蓄積性の強い重金属などを除き,汚染物質は一定濃度以下では一般に人間をはじめ生物に被害を与えない。汚染物質が工場などから排出されると,大気中で拡散され希薄になって地上に落下する。そこで,安全な着地濃度を定めておいて,その濃度を下回るよう発生源を一定濃度以下に規制する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拡散理論の関連キーワード汚染物質重金属重金属汚染大気汚染物質酸性霧汚染物クヴィンケ効果残留性有機汚染物質(POPs)ベンゾ(a)ピレン残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone