拡散電位(読み)かくさんでんい(英語表記)diffusion potential

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拡散電位
かくさんでんい
diffusion potential

p型半導体とn型半導体を接触 (p-n接合) させると,正孔がp型よりn型へ,また電子がn型よりp型の半導体へ拡散していくことにより,フェルミ準位が一致する。このため接合付近にn型とp型の仕事関数の差に相当する電位の段差ができる。これを拡散電位という。拡散電位の大きさは,半導体の種類やキャリアの濃度によって異なる。半導体と金属の接触であるショットキー接触においても,半導体の仕事関数と金属の仕事関数の差に相当する電位差が接触部に現れ,同様に拡散電位という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android