コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

p型半導体 ピーがたはんどうたいp-type semiconductor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

p型半導体
ピーがたはんどうたい
p-type semiconductor

アクセプタ不純物を含むために,あるいはアクセプタ不純物もドナー不純物も含むがアクセプタ不純物のほうが数が多いために,アクセプタから正孔価電子帯へ励起されて,価電子帯中の正孔の数が伝導帯中の自由電子の数より多い半導体。このため,p型半導体を流れる電流は主として正孔によって運ばれる。正孔が正の電荷 positive chargeをもつことからp型と名づけられた。半導体中でのp型とn型の接触部分であるp-n接合トランジスタやダイオードなどの半導体素子に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

p型半導体【ピーがたはんどうたい】

半導体において,電荷を運搬する多数媒体が正の電荷であるもの。正(positive)の頭文字をとってp型と呼ばれる。n型半導体との組合せで利用される。真性半導体(4価)に,3価の不純物(アクセプター)を添加すると,正孔が増加するので,電荷を運搬する媒体として正孔が支配的になり,p型半導体となる。→pn接合

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

p型半導体の関連キーワードバイポーラートランジスターインパットダイオード可変容量ダイオードリードダイオードシリコン太陽電池発光ダイオード酸化物半導体熱電変換素子少数キャリアゲルマニウム多数キャリア不純物半導体ツェナー効果ドーパント固体電子論オーム接触キャリア拡散電位空乏層硼素

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android