コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液間電位差 えきかんでんいさliquid junction potential

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液間電位差
えきかんでんいさ
liquid junction potential

組成や濃度の異なる2つの電解質溶液の接触界面に生じる電位差をいう。両方の溶液から界面を通して拡散するイオンの拡散速度が異なるために生じるもので,拡散電位ともいう。電池の起電力の測定には液間電位差の影響を除くことが必要であり,これには普通塩橋が用いられる。たとえばダニエル電池塩化カリウムの塩橋を用いた場合,ZnSO4∥KCl∥CuSO4 のように液-液界面を ∥ で表示する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

液間電位差の関連キーワードヘンダーソンの式化学電池

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android