拷器(読み)ごうき

精選版 日本国語大辞典「拷器」の解説

ごう‐き ガウ‥【拷器】

〘名〙 拷問に用いる道具、器具。拷問のために罪人をしばりつける設備道具。責め具。責め道具。
※西宮記(969頃)二一「為拷件人拷器、其儀去版南一許丈立之」
※徒然草(1331頃)二〇四「犯人(ぼんにん)を笞(しもと)にてうつ時は、拷器によせて結ひつくるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「拷器」の解説

ごう‐き〔ガウ‐〕【拷器】

拷問用の器具。
「犯人を笞(しもと)にて打つ時は―によせて結ひつくるなり」〈徒然・二〇四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android