コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾イ ひろい

1件 の用語解説(拾イの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひろい【拾イ】

平曲の楽曲構成部分の名称の一つ。合戦の場面を勇壮に語るもので,三重(さんじゆう)のような特別な高音域は用いないが,メリスマ(1音節に多数の音符をあてる声楽様式)的装飾を織り込んだシラビック(1音節に1音符をあてる声楽様式)な旋律を,強い息で語って雰囲気を盛り上げ,一曲のクライマックスを形成する。この部分の前奏の琵琶の手も拾イといい,歯切れのよい複弦奏法と,強い撥(ばち)扱いとによって,語りの用意をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の拾イの言及

【平曲】より

…伝授をうける前に精進が必要とされ,神聖視されているのが〈灌頂巻〉で,《大原御幸(おはらごこう)》《六道》など5曲,〈大秘事〉〈小秘事〉は容易には伝授を許されない曲で,〈大秘事〉に《宗論(しゆうろん)》《剣の巻》《鏡の巻》など,〈小秘事〉に《祇園精舎》《延喜聖代》などがある。 音楽的性格からみると,抒情的・旋律的な〈節物(ふしもの)〉(賦し物)と,勇壮でテンポの速い〈拾(ひろ)イ物〉に分類されるが,両方の性格を合わせもつものもある。また〈読物〉は独特のフシまわしをもつ部分を含む。…

※「拾イ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拾イの関連キーワード再現部本曲三部形式真の一声真の次第二部形式編曲権腿肉フィレ・ミニョンランイチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone