コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾イ ひろい

世界大百科事典 第2版の解説

ひろい【拾イ】

平曲の楽曲構成部分の名称の一つ。合戦の場面を勇壮に語るもので,三重(さんじゆう)のような特別な高音域は用いないが,メリスマ(1音節に多数の音符をあてる声楽様式)的装飾を織り込んだシラビック(1音節に1音符をあてる声楽様式)な旋律を,強い息で語って雰囲気を盛り上げ,一曲のクライマックスを形成する。この部分の前奏の琵琶の手も拾イといい,歯切れのよい複弦奏法と,強い撥(ばち)扱いとによって,語りの用意をする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の拾イの言及

【平曲】より

…伝授をうける前に精進が必要とされ,神聖視されているのが〈灌頂巻〉で,《大原御幸(おはらごこう)》《六道》など5曲,〈大秘事〉〈小秘事〉は容易には伝授を許されない曲で,〈大秘事〉に《宗論(しゆうろん)》《剣の巻》《鏡の巻》など,〈小秘事〉に《祇園精舎》《延喜聖代》などがある。 音楽的性格からみると,抒情的・旋律的な〈節物(ふしもの)〉(賦し物)と,勇壮でテンポの速い〈拾(ひろ)イ物〉に分類されるが,両方の性格を合わせもつものもある。また〈読物〉は独特のフシまわしをもつ部分を含む。…

※「拾イ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

拾イの関連キーワード祇園女御宇治川咸陽宮素声下音藤戸弓流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android