コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾遺抄 シュウイショウ

3件 の用語解説(拾遺抄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅういしょう〔シフヰセウ〕【拾遺抄】

平安中期の私撰和歌集。10巻。藤原公任(ふじわらのきんとう)撰。長徳2~3年(996~997)ごろ成立。拾遺和歌集の母体となったもので、約590首の歌を収録。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅういしょう【拾遺抄】

平安時代の私撰和歌集。成立は長徳年間(995‐999)ころ,藤原公任撰か。流布本系の島根大学本によれば,春(55),夏(32),秋(47),冬(32),賀(31),別(34),恋上下(148),雑上下(192)の計10巻,571首。公任撰の私撰集《如意宝集》を基本とし,整備して成ったものらしい。内容の類似重複する勅撰集《拾遺和歌集》との先後関係が古来論じられてきたが,《拾遺抄》が先に成立したとする説が近時有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅういしょう【拾遺抄】

歌集。一〇巻。藤原公任きんとう撰。999年以前までの成立。この集を増補したものが「拾遺和歌集」であるとされる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拾遺抄の関連情報