コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持(ち)時間 モチジカン

デジタル大辞泉の解説

もち‐じかん【持(ち)時間】

碁・将棋などの対局で、打つ手を考えるために与えられる一定の時間。棋戦の種類により異なる。
その人に割り当てられた一定の時間。「演説の持ち時間が切れる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

持(ち)時間の関連キーワード運転注意力モニタ MDASアニオン電着塗装ウルトラブックベイナイトガス分析可鍛鋳鉄連鎖反応打つ手熱処理焼鈍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android