コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田健一 よしだけんいち

7件 の用語解説(吉田健一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田健一
よしだけんいち

[生]1912.3.27. 東京
[没]1977.8.3. 東京
評論家,英文学者,小説家。吉田茂の長男。ケンブリッジ大学中退後,翻訳に従事。 1939年中村光夫らと雑誌『批評』を創刊,小英文学史『英国の文学』 (1949) をまとめて認められた。ヨーロッパ文学の深い素養を根底としながら中国や日本の文学伝統にも価値を見出し,反面,明治以来の輸入された近代文学の疑似性や私小説を否定して,美的,倫理的一貫性を主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐けんいち【吉田健一】

[1912~1977]評論家・英文学者・小説家。東京の生まれ。吉田茂の長男。評論のほか、短編・随筆も発表。著「文学概論」「ヨオロツパの世紀末」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉田健一【よしだけんいち】

英文学者,批評家,小説家。東京生れ。父は首相吉田茂ケンブリッジ大中退。当時外交官だった父の任地に従って,少年時代を英国,フランス等で過ごす。帰国後,英文学,フランス文学の翻訳から文学活動を始める。
→関連項目伊藤信吉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田健一 よしだ-けんいち

1912-1977 昭和時代の英文学者,文芸評論家。
明治45年3月27日生まれ。吉田茂の長男。外交官の父とともにヨーロッパなどで少年期をすごす。昭和14年中村光夫らと「批評」を創刊し,文芸批評,小説,エッセイと多方面で活躍した。食通としても知られた。昭和52年8月3日死去。65歳。東京出身。ケンブリッジ大中退。著作に「英国の文学」,「ヨオロッパの世紀末」(45年野間文芸賞)など。
【格言など】本当に美しいものを前にした時,我々は先ず眼を伏せるものである(「舌鼓ところどころ」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだけんいち【吉田健一】

1912‐77(大正1‐昭和52)
英文学者,批評家,エッセイスト,小説家。父は後の首相吉田茂で,その長男として生まれた。20歳でケンブリッジ大学を退学するころまで父の任地に従ってフランス,イギリスなどで生活することが多く,この経験が文筆活動の背景にある。ボードレールやラフォルグ等フランス文学への親炙とシェークスピアから現代までのイギリス文学への傾倒をみごとに両立させ,一貫してヨーロッパへの夢に生き続けた。文学とは結局言葉の使い方だという認識を基盤に,洗練された言葉の追究は文明の成熟にかかわるという観点から,独特な文学論,文明論を数多く発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしだけんいち【吉田健一】

1912~1977) 批評家、小説家。東京生まれ。吉田茂の長男。ケンブリッジ大中退。英文学の素養を生かした文芸批評で知られる。著「東西文学論」「ヨオロツパの世紀末」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田健一
よしだけんいち
(1912―1977)

評論家、英文学者、小説家。父は首相吉田茂。東京に生まれる。外交官であった父に従って諸国を転々、ケンブリッジ大学を中退する。帰国後、ポーの『覚書』(1935)、バレリーの『精神の政治学』(1939)、『ドガに就(つい)て』(1940)などの翻訳や海外文学の紹介によって文筆活動を始めた。1939年(昭和14)、中村光夫(みつお)らと『批評』を創刊、初めて文芸批評の筆をとる。第一評論集は『英国の文学』(1949)、以後『シェイクスピア』(1952)、『東西文学論』(1955)、『文学概論』(1960)などを刊行。その一貫した文学思想は、近代日本の文学の主流を形成している私小説的性格の拒否という点であり、いわゆる大衆小説と純文学の区別なく、ことばで読者を魅惑するということに文学の根本条件を置いた。
 ほかに、小説とエッセイのどちらとも不分明なファンタスティックな作品集『酒宴』(1957)、『残光』(1963)など、また独自な文体のエッセイ集『乞食(こじき)王子』(1956)、『甘酸っぱい味』(1957)、『舌鼓ところどころ』(1958)などがある。[古木春哉]
『『吉田健一著作集』30巻・補巻2(1979~81・集英社) ▽篠田一士著『吉田健一論』(1981・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田健一の関連キーワードエッセイスト中野孝次批評家評家JBプリーストリー三浦しをんコミックエッセーエッセイ記念日モイストボディモイスト バスエッセンス小川恵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田健一の関連情報