持田 盛二(読み)モチダ モリジ

20世紀日本人名事典の解説

持田 盛二
モチダ モリジ

明治〜昭和期の剣道家(範士)



生年
明治18(1885)年1月26日

没年
昭和49(1974)年2月9日

出生地
群馬県勢多郡

学歴〔年〕
武徳会武術教員養成所〔明治41年〕卒

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和36年〕

経歴
明治35〜40年武徳会群馬支部で修行。44年精錬証、大正8年教士の称号を授与された。武道専門学校助教授、千葉武徳会支部主任教師等を経て、14年朝鮮総督府に招聘され、昭和2年には範士の称号を授与された。4年御大礼記念武道天覧試合に審判員・指定選士として出場し優勝、満鉄師範高野茂義範士との決勝戦は名勝負として今に語り伝えられている。その後は警視庁、皇宮警察慶応義塾等の師範を務めた。12年9段範士、32年10段範士。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

持田 盛二 (もちだ もりじ)

生年月日:1885年1月26日
明治時代-昭和時代の剣道家。10段範士
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android