コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指定空港機能施設事業者 シテイクウコウキノウシセツジギョウシャ

デジタル大辞泉の解説

してい‐くうこうきのうしせつじぎょうしゃ〔‐クウカウキノウシセツジゲフシヤ〕【指定空港機能施設事業者】

空港法に基づいて、羽田空港など国が管理する空港で、旅客貨物給油関連の施設(空港機能施設)を建設・運営する事業者国土交通大臣が認定する。国に使用料を支払って用地を借り受け、施設を建設し、テナントに賃貸したり、利用料を徴収するなどして運営する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

指定空港機能施設事業者

空港法にもとづき、国管理の空港で航空旅客や貨物、給油の施設を取り扱う事業者。国が審査して認定する。営利活動国有地を使うため、効率的な施設運営や適切な料金設定などが指定条件。

(2009-11-07 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

指定空港機能施設事業者の関連キーワード空港機能施設事業者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android