使用料(読み)シヨウリョウ

大辞林 第三版の解説

しようりょう【使用料】

物を使用する代価として支払う料金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

使用料
しようりょう

国や地方公共団体が、行政財産や公の施設の使用に対し、その対価として使用者から徴収する金銭をいう。国公立学校の授業料、幼稚園や保育所の保育料、公園や図書館の入場料、公営住宅の賃貸料などがこれに属する。このほか、公の施設のなかには、地方公営企業法の適用を受ける水道、工業用水道、ガス、軌道、地方鉄道、自動車運送などの事業も含まれており、これらの地方公営企業で徴収される料金も使用料の一種である。使用料に関する事項は条例で定めなければならないことになっている。一般に、行政財産や公の施設は収益を目的とするものではないから、その使用料は、実費を限度とし、なるべく低廉に、かつ公平に定められるべきであろう。ただし、地方公営企業の料金については、地方公営企業法で、公正妥当なものであると同時に、適正な原価を基礎とし、地方公営企業の健全な運営を確保することができるものでなければならない、と規定されている。[大川 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しよう‐りょう ‥レウ【使用料】

〘名〙
① 使用に対して払う料金。営造物または他人の物件を使用する者が支払う報酬料。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「二客技を闘はして勝負定まりたる後、負けたる者は、使用料を払ふを習ひとすれども」
② 国または地方公共団体が、その財産、営造物および公の施設を利用する者から徴収する公課。国公立学校の授業料、公園や動物園の入園料などがある。
市制及町村制(明治二一年)(1888)市制・三一条「使用料、手数料、市税及夫役現品の賦課徴収の法を定むる事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

使用料の関連情報