コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京国際空港 とうきょうこくさいくうこうTokyo International Airport

5件 の用語解説(東京国際空港の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京国際空港
とうきょうこくさいくうこう
Tokyo International Airport

東京都大田区の南東,六郷川河口左岸の三角州と埋立地にある国際空港。2008年の空港法で定められた拠点空港国管理空港で,旧第1種空港にあたる。総面積 12.71km2。その所在地から羽田空港として知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐こくさいくうこう〔トウキヤウコクサイクウカウ〕【東京国際空港】

東京都大田区にある空港。国管理空港の一。昭和6年(1931)開港、内外定期航空路便が発着したが、昭和53年(1978)成田国際空港の開港後は主に国内線に使用。平成22年(2010)に国際線ターミナルが再び開業した。国内線旅客ターミナルビルはビッグバードの愛称でよばれる。羽田空港。→拠点空港

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

東京国際空港【とうきょうこくさいくうこう】

東京都大田区羽田にある第1種空港で,羽田空港ともいう。1931年,逓信省の東京飛行場として設置,第2次大戦後は在日米軍輸送部隊の基地となったが,1952年に大部分が返還され,名称も東京国際空港と改められ運輸省(現,国土交通省)の所管となった。
→関連項目大田[区]空港羽田

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とうきょうこくさいくうこう【東京国際空港】

東京都大田区羽田にある国土交通省管理の第一種空港。1931年(昭和6)国営の民間飛行場として開設。多くの国際線・国内線に利用されたが、成田国際空港開港後は国内線の発着を主とする。通称、羽田空港。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京国際空港
とうきょうこくさいくうこう

東京都大田区の南東端、多摩川(六郷(ろくごう)川)河口左岸の三角州および埋立地にある空港。所在地の名をとって、「羽田空港」の名で親しまれている。国(すなわち国土交通大臣)が建設管理する。滑走路は3000メートル2本、2500メートル2本の計4本。年間旅客利用者数は約6300万人、年間取扱貨物量は約82万トン(2011)。
 文政(ぶんせい)年間(1818~1830)鈴木弥五右衛門らによって開拓され、守護神として稲荷(いなり)神社(穴守(あなもり)稲荷)が建てられた。この神社は商売繁盛の神として信仰を集め、東京空港建設の際も、赤鳥居のみ空港内に残存した(その後移転)。1931年(昭和6)日本で最初の国営の民間飛行場として開港した。第二次世界大戦後、連合国最高司令官総司令部(GHQ)に接収されたが、1952年(昭和27)東京国際空港として再開、1978年の新東京国際空港(現、成田国際空港)開港まで、日本の表玄関として機能した。
 1978年の成田国際空港開港に伴い、国内線を中心として使用されることになった。しかし成田国際空港は、都心へのアクセスの悪さ、発着容量不足などの問題を抱え、日本の表玄関である国際空港としてのあり方に次第に疑問が示されるようになり、利便性に優れる羽田空港の再国際化が求められることとなった。国の成長戦略でも羽田空港の国際化が打ち出され、整備が進められた。2010年7月、新たに4本目の滑走路が完成し、同年10月21日、国際線ターミナルのオープンとともに供用開始された。中国、韓国、タイ、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどとの国際線が就航している。
 当初は成田国際空港との役割分担を図り、昼間帯の国際線の運航は、国内線の最長路線の長さの範囲内にある周辺諸国の空港との間に制限され(ペリメーター規制、この場合羽田―石垣間の1947キロメートル)、それを越える長距離路線については、成田国際空港の運用時間外である深夜と早朝に限定された。しかし、その後この制限は徐々に緩和され、成田国際空港との競合性が高まっている。[沢田 清・戸崎 肇]
『上之郷利昭著『羽田空港物語』(1997・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の東京国際空港の言及

【空港】より

…それによると,空港は用途別に陸上および水上飛行場と,陸上および水上ヘリポートの4種に,規模では滑走路の長さによってAからIまでの9等級に分類されている。また,性格と機能から,航空交通網の基幹となる空港で,設置,管理とも国が行う第1種空港(ただし新東京国際(成田)空港は新東京国際空港公団が,また関西国際空港は関西国際空港株式会社が管理),主として国内幹線用の空港で,国が設置し,管理は国または地方自治体が行う第2種空港および主としてローカル航空輸送用の空港で,設置,管理とも地方自治体が行う第3種空港の三つに分けられている。ただし,第2種,第3種空港とも保安施設関係のみはすべて国が担当する。…

※「東京国際空港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京国際空港の関連情報