コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指行性/趾行性 シコウセイ

デジタル大辞泉の解説

しこう‐せい〔シカウ‐〕【指行性/×趾行性】

哺乳類の歩行形式の一。指骨部だけを地面につけて歩く型。犬・猫などにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指行性
しこうせい
digitigrade

哺乳(ほにゅう)類の歩行様式の一つ。前後肢の指骨部の下面を地面につけ、中手部および中足部をあげて歩く方法である。食肉類のイヌ科、ネコ科、ハイエナ科に属するものや、トビネズミなど草原の生活に適しているものが、この方法を用いる。これらは前後肢は、膝(ひざ)、かかと、および中足骨と指骨の間の3か所で曲がるため、蹠行(しょこう)性のものより歩幅を広くできる。そのため、速く走ることができ、より進化した歩き方である。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

指行性/趾行性の関連キーワードフクロオオカミ(袋狼)ジャコウネコジェネットソレノドンフォッサカピバラ長鼻類食肉類食虫類タヌキ蹄行性有蹄類奇蹄類偶蹄類イヌネコ