蹠行性(読み)ショコウセイ

デジタル大辞泉の解説

しょこう‐せい〔シヨカウ‐〕【×蹠行性】

哺乳類の歩行形式の一。足の裏全面を地につけて歩く歩き方。ヒト・サル・クマ・ウサギなどにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょこうせい【蹠行性】

哺乳類の歩き方の一。指先からかかとまで足の裏全部を地につけて歩く歩き方。ヒト・サル・クマ・モグラなどに見られる。イタチ・テン・アナグマなどのように、足の裏の前半分だけを地につけて歩くのを半蹠行性(半指行性)という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蹠行性
しょこうせい
plantigrade

哺乳(ほにゅう)類の歩行様式の一つ。前後肢の手足の下面を全部地面につけて歩く方法で、もっとも原始的な歩き方である。有袋類、食虫類、霊長類、食肉類のクマ科、齧歯(げっし)類の大多数およびウサギ類などがこの方法を用いるが、これらの多くは、手足の底は全部裸出している。前後肢は膝(ひざ)とかかとでしか曲がらず、指だけをつけて歩く指行性や、ひづめをつけて歩く蹄行(ていこう)性のものより地上を走るのが遅い。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android