挙達(読み)キョタツ

デジタル大辞泉の解説

きょ‐たつ【挙達】

《「ぎょたつ」とも》
推挙されて出世すること。また、登用するよう推挙すること。
「―道遠くして、忠戦の輩勇みをなすべからず」〈太平記・一三〉
ある事柄をとり上げて目上の人に申し出ること。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょたつ【挙達】

推挙されて地位や官職があがること。 「 -道遠くして、忠戦の輩勇を成すべからず/太平記 13
とりあげて上申すること。 「法師の申さんずる事を、伝奏に-せよ/太平記 25

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょ‐たつ【挙達】

〘名〙 (「ぎょたつ」とも)
① 推挙によって栄達すること。推挙されて、地位や官職などがあがること。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
② ある事をとりあげて進達すること。目上の人に申し出たり許可を得たりすること。
※貴嶺問答(1185‐90頃)「頗雖驚目。於事有効験。挙達如件」
※太平記(14C後)二五「此三日断食したる法師の申さんずる事を、伝奏に挙達(キョタツ)せよと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android