コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挟間[町] はさま

百科事典マイペディアの解説

挟間[町]【はさま】

大分県中部,大分郡の旧町。大分川中流にあり,河岸段丘の発達が著しい。米作を中心として施設園芸も行う。近年,都市化が進む。支流の由布川は渓谷美で有名。中心集落は向原(むかいのはる)で久大本線が通じる。2005年10月,大分郡庄内町,湯布院町と合併し市制,由布市となる。51.10km2。1万5190人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はさま【挟間[町]】

大分県中部,大分郡の町。人口1万3366(1995)。東部は大分市,北部は別府市に接する。町域には大分川,由布(ゆふ)川,石城川の3河川が東流し,流域には河岸段丘が発達している。米作を主とする農業が行われてきたが,近年は施設園芸が盛んでイチゴ,ナス,レタスなどを産する。1964年大分新産業都市地域に指定されてから,大分市への通勤者が増え,農家の兼業化が進んでいる。1978年国立大分医科大学が開校した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android