コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯布院 ゆふいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯布院
ゆふいん

大分県中部,由布市北西部の旧町域。大分川上流域の由布院盆地を中心とする。 1955年由布院町と湯平村が合体して発足。 2005年挾間町,庄内町と合体して由布市となる。盆地底や大分川河谷の米作と原野利用の畜産が主産業で,温泉を利用した野菜や花卉の促成栽培も行なわれる。温泉が豊富で,北には塚原温泉,中央に由布院温泉,南に湯平温泉の温泉郷がある。特に由布院温泉は全国的に知名度が高く,1959年には国民保養温泉地に指定された。 1964年の九州横断道路 (やまなみハイウェー) 開通以来,各地で観光地化が著しい。由布岳から南西の山下池までの帯状の地域は阿蘇くじゅう国立公園に属する。樹齢 1000年をこえる大杵社の大スギは国の天然記念物。明治時代の西洋建築である旧日野医院は国の重要文化財。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆふいん【湯布院】

大分県中部、由布ゆふ市の地名。別府市の西に接し、由布院温泉・湯平温泉がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯布院
ゆふいん

大分県中部、大分郡にあった旧町名(湯布院町(ちょう))。現在は由布(ゆふ)市の北部にあたる地域。旧湯布院町は1955年(昭和30)由布院(ゆふいん)町と湯平(ゆのひら)村が合併して成立。2005年(平成17)挾間(はさま)町、庄内(しょうない)町と合併して市制施行、由布市となった。旧町名は合併前の両者から組み合わせたが、由布院は古代の地名による。JR久大(きゅうだい)本線、国道210号、大分自動車道が通じ、湯布院インターチェンジがある。由布院盆地底や大分川の谷の米作、火山斜面の原野の牧牛が主産業。由布院、湯平、塚原(つかはら)の3温泉がある。青少年の家やスポーツセンターが湯無田(ゆむた)高原にある。毎年8月に湯布院映画祭が行われる。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湯布院の関連キーワードゆふいん文化・記録映画祭大分県由布市湯布院町川上大分県由布市の野焼き事故大分県由布市湯布院町中川湯布院岩下コレクションななつ星 in 九州九州・沖縄作曲家協会旅の宿 しっとり湯由布市の分庁舎問題由布市の野焼き事故九州自動車歴史館庄内(大分県)水陸機動準備隊阿蘇殺人ルートゆふいん音楽祭大分県由布市湯布院[町]豊後湯布院牛湯平[温泉]風のハルカ

湯布院の関連情報