コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯布院 ゆふいん

3件 の用語解説(湯布院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯布院
ゆふいん

大分県中部,由布市北西部の旧町域。大分川上流域の由布院盆地を中心とする。 1955年由布院町と湯平村が合体して発足。 2005年挾間町,庄内町と合体して由布市となる。盆地底や大分川河谷の米作と原野利用の畜産が主産業で,温泉を利用した野菜や花卉の促成栽培も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆふいん【湯布院】

大分県中部、由布ゆふ市の地名。別府市の西に接し、由布院温泉・湯平温泉がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯布院
ゆふいん

大分県中部、大分郡にあった旧町名(湯布院(ちょう))。現在は由布(ゆふ)市の北部にあたる地域。旧湯布院町は1955年(昭和30)由布院(ゆふいん)町と湯平(ゆのひら)村が合併して成立。2005年(平成17)挾間(はさま)町、庄内(しょうない)町と合併して市制施行、由布市となった。旧町名は合併前の両者から組み合わせたが、由布院は古代の地名による。JR久大(きゅうだい)本線、国道210号、大分自動車道が通じ、湯布院インターチェンジがある。由布院盆地底や大分川の谷の米作、火山斜面の原野の牧牛が主産業。由布院、湯平、塚原(つかはら)の3温泉がある。青少年の家やスポーツセンターが湯無田(ゆむた)高原にある。毎年8月に湯布院映画祭が行われる。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯布院の関連キーワード庄内〈町〉挾間〈町〉大分県由布市挾間町鬼瀬大分県由布市挾間町小野大分県由布市挾間町赤野大分県由布市挾間町谷大分県由布市挾間町東院大分県由布市挾間町挾間大分県由布市挾間町古野湯布院〈町〉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯布院の関連情報