コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向原 むかいはら

3件 の用語解説(向原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

向原
むかいはら

広島県中部,太田川の支流三篠川 (みささがわ) 上流域にある地区。旧町名。 1937年町制。 1954年有保村の一部を編入。 2004年3月甲田町など5町と合併し,安芸高田市となった。主産業は農業で,米作,養鶏,養豚などが行なわれ,自動車部品を中心とした農村工業がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向原
むかいはら

広島県中北部、高田(たかた)郡にあった旧町名(向原町(ちょう))。現在は安芸高田(あきたかた)市向原町地区。1929年(昭和4)戸島(としま)、坂、長田(ながた)の3村が合併して向原村となり、1937年町制施行。2004年(平成16)吉田(よしだ)、八千代(やちよ)、美土里(みどり)、高宮(たかみや)、甲田(こうだ)の5町と合併、市制施行して安芸高田市となる。旧向原町の町域は、中国山地の南部にあり、太田川の支流三篠(みささ)川が中央を西流する。三篠川沿いをJR芸備(げいび)線が走る。農林業が中心で高田ナシの産地として知られ、木材の生産も盛んである。広島市への通勤・通学者も多い。なお、北部の高岳(たかだけ)山(444メートル)は三篠川と、江の川(ごうのかわ)水系の戸島川の分水界をなしている。戸島地区にある戸島大塚古墳は県指定史跡。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

向原の関連キーワード太田川広島平野向原[町]広島県広島市安佐北区筒賀〈村〉広島県広島市西区三篠北町広島県広島市西区三篠町向原〈町〉筒賀[村]三篠川

向原の関連情報