コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向原 むかいはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

向原
むかいはら

広島県中部,太田川の支流三篠川 (みささがわ) 上流域にある地区。旧町名。 1937年町制。 1954年有保村の一部を編入。 2004年3月甲田町など5町と合併し,安芸高田市となった。主産業は農業で,米作,養鶏,養豚などが行なわれ,自動車部品を中心とした農村工業がみられる。日本海と瀬戸内海分水界にあたり,江川 (ごうがわ) ,太田川両水系の河川争奪で有名。 JR芸備線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向原
むかいはら

広島県中北部、高田(たかた)郡にあった旧町名(向原町(ちょう))。現在は安芸高田(あきたかた)市向原町地区。1929年(昭和4)戸島(としま)、坂、長田(ながた)の3村が合併して向原村となり、1937年町制施行。2004年(平成16)吉田(よしだ)、八千代(やちよ)、美土里(みどり)、高宮(たかみや)、甲田(こうだ)の5町と合併、市制施行して安芸高田市となる。旧向原町の町域は、中国山地の南部にあり、太田川の支流三篠(みささ)川が中央を西流する。三篠川沿いをJR芸備(げいび)線が走る。農林業が中心で高田ナシの産地として知られ、木材の生産も盛んである。広島市への通勤・通学者も多い。なお、北部の高岳(たかだけ)山(444メートル)は三篠川と、江の川(ごうのかわ)水系の戸島川の分水界をなしている。戸島地区にある戸島大塚古墳は県指定史跡。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

向原の関連キーワード神奈川県相模原市中央区田名塩田神奈川県相模原市中央区東京メトロ副都心線広島県安芸高田市八千代(広島県)高宮(広島県)安芸高田[市]吉田(広島県)安芸高田(市)相模原(市)神奈川(県)宇津木遺跡南幌(町)ポーリング北日本電線井戸尻遺跡毛利氏城跡挟間[町]向原[町]南幌[町]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

向原の関連情報