コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挨拶は時の氏神 アイサツハトキノウジガミ

デジタル大辞泉の解説

挨拶(あいさつ)は時(とき)の氏神(うじがみ)

争いごとが起きた時、その仲裁をしてくれる人は氏神様のようにありがたいのだから、その調停には従うべきであること。仲裁は時の氏神

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいさつはときのうじがみ【挨拶は時の氏神】

〔「挨拶」は、仲裁、仲介の意〕
争い事の仲裁をしてくれる人は氏神様のようにありがたいことだから、意地を張らずにその調停には従うべきである、という教え。仲裁は時の氏神。縁は異なもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone