挨拶は時の氏神(読み)あいさつはときのうじがみ

ことわざを知る辞典「挨拶は時の氏神」の解説

挨拶は時の氏神

もめごとや争いが起きたときに仲裁し取りなしてくれる人が出てきたら、氏神が現れたようにありがたい。機を逸すると容易なことでは収拾できなくなるから、多少の不満はあってもその仲裁に従うのがよい。

[解説] 「挨拶」は仲裁や取りなしので、このことわざを踏まえて、折よく仲裁を買って出てくれた人のことを「時の氏神」といいます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「挨拶は時の氏神」の解説

あいさつ【挨拶】 は 時(とき)の氏神(うじがみ)

争いの際のとりなし、仲裁は、氏神が現われたように、ありがたく、好都合なものだから、その仲裁に従うのがよいということ。
※歌舞伎・上総綿小紋単地(1865)三幕「挨拶は時の氏神とやらお前も旦那もお腹立もござりませうが、わしが詞もちっとは立て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「挨拶は時の氏神」の解説

挨拶(あいさつ)は時(とき)の氏神(うじがみ)

争いごとが起きた時、その仲裁をしてくれる人は氏神様のようにありがたいのだから、その調停には従うべきであること。仲裁は時の氏神

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android