振(り)分け(読み)フリワケ

デジタル大辞泉の解説

ふり‐わけ【振(り)分け】

振り分けること。また、そのもの。
「男の子が四人、女の子が五人、宜い塩梅に―になってる」〈福沢福翁自伝
二つの荷物を紐(ひも)で結び、肩の前後に分けて担ぐこと。「荷を振り分けにして肩にかける」
振り分け髪」の略。
二つの場所の中間の所。
「江戸へも六十里、京都へも六十里にて―の所なれば」〈滑・膝栗毛・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android