コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振子式秤 ふりこしきはかり pendulum scale

1件 の用語解説(振子式秤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふりこしきはかり【振子式秤 pendulum scale】

つり合せ機構に振子を用いたはかりの総称。傾斜てこ式はかりの一種。基本的には,さおにおもりを固定し振子を形成させ,てこの重点につるした物体と振子の復元力とをつり合わせ,てこの傾きから質量を読み取る。レタースケールデニールばかり(図1)などがあり,目盛は不等間隔。ダイヤル式指示ばかり用のつり合せ機構には特殊なカム(傾きに応じ腕の長さが変わる一種のてこ)と組み合わせ,等間隔目盛にする。図2は振子カム式台ばかりの説明図で,カムに巻きつくテープの下端を長機の力点に連結し,台上の物体を振子でつり合わせ,質量は振子と連動する指針で読み取る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

振子式秤の関連キーワード振子有り合せ有り合せる水平振子摺り合せ定盤作り合せ回り合せ巡り合せ縒り合せる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone