コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨てコンクリート すてコンクリート

3件 の用語解説(捨てコンクリートの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

すてコンクリート【捨てコンクリート】

基礎の底面を平らにし、構造体の位置を決めるために敷くコンクリート。捨てコン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

捨てコンクリート

基礎コンクリートを作る前に、地盤の上に打設されるコンクリート。地盤の上に人工的な新しい水平面をつくり、工事はこの面を基準に進められる。墨出しはこの面の上に行われる

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

すてコンクリート【捨てコンクリート】

コンクリートの基礎や土間を作る際、その下に前処理として打つコンクリート。通常、厚さは5~15cm程度。基礎の底面を滑らかにしたり、基礎の中心や型枠の目印にしたりするためのもので、構造的な機能はない。◇「捨て」「捨てコン」と略す。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捨てコンクリートの関連キーワード生コンクリートサーモコンクリートコンクリート舗装コンクリート・アイランドコンクリートの島鉄骨鉄筋コンクリート造土間コンクリート割栗石グランドコンクリート昭和コンクリート工業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone