コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

据文金物 すえもんかなもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

据文金物
すえもんかなもの

甲冑の装飾金具の一種。大鎧栴檀 (せんだん) 板,鳩尾板,兜の吹返し,鍬形台,しころの裾板,大袖草摺 (くさずり) の板などに打ってある。そのうち,裾板にあるものを裾金物という。平安・鎌倉時代には単純な菊,桜などの鍍金の文金物が用いられたが,鎌倉時代末期には菊籬 (まがき) ,梅樹にちょうの文様などの豪華な大金物が用いられた。室町時代には三盛菊円文が盛んとなり,のちには家紋を彫った金物を据えるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

据文金物の関連キーワード半首(はつむり)頬当臑当

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android