コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栴檀/楝 センダン

デジタル大辞泉の解説

せん‐だん【××檀/×楝】

センダン科の落葉高木。暖地に自生する。樹皮はに似て暗褐色。葉は羽状複葉で縁にぎざぎざがあり、互生する。初夏に淡紫色の5弁花を多数つけ、秋に黄色の丸い実を結ぶ。漢方で樹皮苦楝皮(くれんぴ)といい駆虫薬にする。おうち。あみのき。 花=夏 実=秋》「―の花散る那覇(なは)に入学す/久女
ビャクダンの別名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

せんだん【栴檀】

山梨の日本酒。酒名は、中国の故事「栴檀は双葉より芳し」にちなみ命名。蔵元の「二葉屋酒造店」は明治34年(1901)創業。平成20年(2008)廃業。蔵は西八代郡市川三郷町にあった。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

栴檀 (センダン・センダ)

学名:Melia azedarach var.japonica
植物。センダン科の落葉高木,薬用植物

栴檀 (センダン)

植物。ビャクダン科の常緑半寄生高木,園芸植物,薬用植物。ビャクダンの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の栴檀/楝の言及

【ビャクダン(白檀)】より

…心材や根材を水蒸気蒸留して得られるビャクダン油sandal oilは,主成分としてセスキテルペンアルコールのサンタロールsantalolを含有し,薬用やセッケンなど化粧品の賦香料とする。なお,〈栴檀(せんだん)は双葉より芳し〉の栴檀はビャクダンのことで,センダン科のセンダンではない。 ビャクダン属Santalumは太平洋地域を中心に約20種あり,小笠原諸島にもムニンビャクダンS.boninense Tuyamaが分布する。…

【プージャー】より

…(3)洗足 足を洗うための水をささげる。(4)表敬 敬愛をあらわす特殊な供物(栴檀(せんだん),花などを入れた水)をささげる。(5)口をすすぐ儀礼 食前・食後の作法で口をすすぐ水を供える。…

※「栴檀/楝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

栴檀/楝の関連キーワード竜は一寸にして昇天の気あり松は寸にして棟梁の機あり蛇は一寸にして人を吞む熊本県八代市泉町仁田尾優填王・優塡王十種香・十炷香関東十八檀林吉祥寺(寺)ニームオイル檀林・談林長谷川栄作清凉寺縁起栴檀・楝大石隆子牛頭栴檀二の板楝・樗安不知安布知芳しい

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android