栴檀(読み)センダン

デジタル大辞泉の解説

せん‐だん【××檀/×楝】

センダン科の落葉高木。暖地に自生する。樹皮はに似て暗褐色。葉は羽状複葉で縁にぎざぎざがあり、生する。初夏淡紫色の5弁花を多数つけ、秋に黄色の丸い実を結ぶ。漢方樹皮苦楝皮(くれんぴ)といい駆虫薬にする。おうち。あみのき 花=夏 実=秋》「―の花散る那覇(なは)に入学す/久女
ビャクダン別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

栴檀 (センダン)

植物。ビャクダン科の常緑半寄生高木,園芸植物,薬用植物。ビャクダンの別称

栴檀 (センダン・センダ)

学名:Melia azedarach var.japonica
植物。センダン科の落葉高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の栴檀の言及

【ビャクダン(白檀)】より

…心材や根材を水蒸気蒸留して得られるビャクダン油sandal oilは,主成分としてセスキテルペンアルコールのサンタロールsantalolを含有し,薬用やセッケンなど化粧品の賦香料とする。なお,〈栴檀(せんだん)は双葉より芳し〉の栴檀はビャクダンのことで,センダン科のセンダンではない。 ビャクダン属Santalumは太平洋地域を中心に約20種あり,小笠原諸島にもムニンビャクダンS.boninense Tuyamaが分布する。…

【プージャー】より

…(3)洗足 足を洗うための水をささげる。(4)表敬 敬愛をあらわす特殊な供物(栴檀(せんだん),花などを入れた水)をささげる。(5)口をすすぐ儀礼 食前・食後の作法で口をすすぐ水を供える。…

※「栴檀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android