(読み)ケン

精選版 日本国語大辞典の解説

まく・る【捲】

[1] 〘他ラ五(四)〙
① 物の端を巻いて上にあげる。まきあげる。かきあげる。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕
※杜詩続翠抄(1439頃)九「つし風也。まくって吹風也」
② はぐ。はがす。
※木工権頭為忠百首(1136頃)雑「塗りおきしとりのはがひのからし故からくもまくる君が方哉〈源頼政〉」
③ 重なっている紙などを一枚ずつ裏返す。めくる。
※俳諧・斧の柄(1811)「不用にまくりたる此集を見ん人よしよし猿は先へゆく尻を笑ははわらへといふ事をしりえに書けとあるにまかせて書」
④ 追いのける。追いちらす。追いたてる。のける。
※太平記(14C後)二六「巻(マクッ)つ巻られつ互に命を惜まで、七八度まで揉合たるに」
⑤ (「怪我(を)まくる」の形で用いて) 「する」の意をののしっていう。しくさる。
※虎明本狂言・抜殻(室町末‐近世初)「中々おく事はならぬ、そこもとにいてけがまくるな」
⑥ (他の動詞の連用形について接尾語のように用いる) 動作を休みなく、また激しく行なう様子を表わす。盛んに…する。「言いまくる」「突きまくる」「書きまくる」など。
※玉塵抄(1563)一二「廷争は朝廷で大ぜいの臣下と物を云てあらそう時はたれでまり云まくらうずやうないぞ」
⑦ 競輪で、先行者との距離を縮めて一気に追い抜く。
※内輪外輪(1966)〈新橋遊吉〉「こんなもんこの儘すんなり行くかいな、7番が捲くりよるわい」
[2] 〘自ラ下二〙 ⇒まくれる(捲)

まく・れる【捲】

〘自ラ下一〙 まく・る 〘自ラ下二〙
① まくったように上にあがる。めくれる。
仮名草子・むさしあぶみ(1661)下「火をよけんとする中に、まくれかかる煙にむせびて」
花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「巻(マ)くれし蒲団を老父の肩に掛け」
三味線や歌が部分的に速くなりすぎて、演奏が乱れる。

めくり【捲】

〘名〙 (動詞「めくる(捲)」の連用形の名詞化)
① めくること。また、そのもの。
洒落本・辰巳之園(1770)「早くしまふたら、めくりをうとふ」
油紙のこと。
※随筆・牟芸古雅志(1826)跋「古傘(ふるぼね)の油紙(メクリ)
④ 寄席などで、観客に知らせるために演題演者を書いた紙。
巷談本牧亭(1964)〈安藤鶴夫〉会いろいろ「上手に演題と演者を知らせるめくりがあって」

めく・る【捲】

〘他ラ五(四)〙 (「まくる(捲)」の変化した語)
① 巻くようにしてあげる。あげてひっくりかえす。
※名語記(1275)五「おなじやうに、めくれば也」
※桐の花(1913)〈北原白秋〉ふさぎの虫「一帖の半紙を一枚飜(メク)ると」
② はがす。はぐ。
※和英語林集成(再版)(1872)「Mekuri, ru, tta メクル 捲〈略〉ヤネノ カワラヲ mekuru(メクル)
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「布団を手荒にめくると」
③ めくりカルタをする。
※洒落本・妓者呼子鳥(1777)一「今までめくっておりやした」

めく・れる【捲】

〘自ラ下一〙 はがれてあがる。まくった状態になる。まくれる。
咄本・軽口露がはなし(1691)四「かの仏の御面くるりとめくれ、鬼の顔に成けり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

捲の関連情報