コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捻り文/拈り書 ヒネリブミ

デジタル大辞泉の解説

ひねり‐ぶみ【捻り文/×拈り書】

立て文(ぶみ)」に同じ。
細く切った数枚の紙に、それぞれ物事を記し、折りひねってくじとしたもの。探り取って占う。もみくじ。短籍。
「―を取りて、謀反(みかとかたむ)けむ事を卜ふ」〈斉明紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android