コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛く/懸く/構く カク

デジタル大辞泉の解説

か・く【掛く/懸く/構く】

[動カ五(四)]
(「胡坐(あぐら)をかく」の形で)足を横に三角の形に組んで座る。
組み合わせる。編み合わせて作る。
「こしきには蜘蛛(くも)の巣―・きて」〈・八九二〉
つなぎ留める。掛ける。
「馬にこそ絆(ふもだし)―・くもの牛にこそ鼻縄著(は)くれ」〈・三八八六〉
[可能]かける
[動カ下二]か(掛)ける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛く/懸く/構くの関連キーワードほろろを打つ木綿(ゆう)鎖し・扃しこしき広い口脇狩衣玉鬘胡坐高腰

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android