コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掟つ オキツ

デジタル大辞泉の解説

おき・つ【×掟つ】

[動タ下二]
あらかじめ心に決める。計画する。
「(山吹ノ花ハ)品高くなどは―・てざりける花にやあらむ」〈・幻〉
計画的に処置する。執り行う。取り計らう。
「とまり給はむ人々を思しやりて、えさは―・て給はざりけるにや」〈・宿
命令する。指図する。
「うちへも参り給はず、とかくの御事など―・てさせ給ふ」〈・澪標〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おきつ【掟つ】

( 動下二 )
前もって計画を立て、儀式や造営などを行わせる。処置する。 「法住寺をぞいといかめしう-・てさせ給へる/大鏡 為光
命令する。指図する。 「人を-・てて高き木にのぼせて/徒然 178

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

掟つの関連キーワード御事

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android