採樵(読み)さいしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐しょう ‥セウ【採樵】

〘名〙 柴や薪をとること。しばかり。採薪。
※菅家文草(900頃)三・寒早十首「何人寒気早、寒早採樵人」 〔春秋左伝‐昭公六年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android