探合(読み)さぐりあい

精選版 日本国語大辞典「探合」の解説

さぐり‐あい ‥あひ【探合】

〘名〙
① 互いに相手の考え、気持、状態などをさぐること。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉二夫婦「奥さん連の間には、(サグ)り合ひの目づかひや控へめな会話が交されてゐるうちに」
② 歌舞伎で、暗闇の中を無言で相手をさがし合う動作。
※歌舞伎・勧善懲悪覗機関(村井長庵)(1862)七幕「これより忍び三重もやうの合方、本釣鐘にて探(サグ)り合(アヒ)の立廻り」
③ 取引相場で、売り方、買い方ともに売買を見合わせて、互いに相手の動静をさぐること。また、そのため相場が変動しないこと。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android