本釣鐘(読み)ほんつりがね

精選版 日本国語大辞典「本釣鐘」の解説

ほん‐つりがね【本釣鐘】

〘名〙 歌舞伎の下座音楽の一つ。小型の釣鐘撞木(しゅもく)で打つ鳴物。または、その楽器。時を知らせる鳴物だが、凄みのある夕暮や夜更けの感じを表わし、あるいは場面の気分を引きしめる。古くは時の鐘銅鑼(どら)を使ったが、文化・文政(一八〇四‐三〇)期よりこれも用い始めた。本釣。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)四「道具廻る。其中本釣鐘にて暮六を静に打」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の本釣鐘の言及

【歌舞伎】より

…名称は,能囃子の〈音取〉にもとづく。 本釣鐘(ほんつりがね)本物の釣鐘(小型)を撞木で打ち,写実的な効果音,あるいは凄みのある場面や見得をするときなどの効果音として用いる囃子。またその楽器をいう。…

※「本釣鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android