コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本釣(り)鐘 ホンツリガネ

世界大百科事典内の本釣(り)鐘の言及

【歌舞伎】より

…名称は,能囃子の〈音取〉にもとづく。 本釣鐘(ほんつりがね)本物の釣鐘(小型)を撞木で打ち,写実的な効果音,あるいは凄みのある場面や見得をするときなどの効果音として用いる囃子。またその楽器をいう。…

※「本釣(り)鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本釣(り)鐘の関連キーワード下座銅鑼寺鐘撞木

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android